e-com works株式会社お問い合せ

E-ComWorks TOP > 講演・研修テーマ > プレゼンテーション






プレゼンテーション(自己表現)の2大要素である「バーバル(言語表現)と
ノンバーバル(非言語表現)」に焦点を当てて、理論を知り体験を繰り返すことで
実践的に身に着けていきます。



1.自らのプレゼンテーション力における強みと弱みを知る。
2.自信を持ち、前向きに自分を表現する方法を身につける。
3.相手の心に届く&伝わる表現力を身につける。



ビジネスの世界において、自らを効果的に表現することのできる「プレゼンテーション力」が求められています。ここでは、「プレゼンテーション力」を“声”と“身体”の要素に分け、それぞれを強化することで総合的なレベルアップを目指します。
また「プレゼンテーション力」は「コミュニケーション力」にリンクすることを踏まえ、
コミュニケーションの観点からの表現についても考えていきます。



1.バーバルとノンバーバルの側面から、自己表現のポイントをつかみ
  プレゼンテーション力を高める。
2.相手のことを考えたコミュニケーションを意識することで、
  良好な人間関係を築く為のヒントを 得る。
3.実践やゲームを通して、適度な自己主張と他人との関わりを楽しむことを体験する。



 バーバル(言語表現)とノンバーバル(非言語表現)
 バーバル(言語表現)強化
 ・ 声と言葉
 ・ 正しい呼吸法と発声法
 ・ 魅力的な話し方
 ・ イメージと感情の表現
 ノンバーバル(非言語表現)強化
 ・ 見た目と振る舞い
 ・ 表情の効果
 聴き力強化
 ・ 聴き手の役割
 ・ 傾聴=相手に寄り添うこと
 コミュニケーションゲーム&プレゼンテーション実践



Copyright(C) 2013 E-ComWorks CO.,LTD. All Rights Reserved.