e-com works株式会社お問い合せ

E-ComWorks TOP > コラム > Vol.2









こんにちは。小川祥朋です。

初めて会った人との会話は、天気の話から始まることが多い。
なぜかと言うと、全世界・全人類共通の話題だからです。

「今日は暑いですね」と聞くと、
大概の人は、「ほんとに暑いですよね」と答えてくれます。

「昔から、“営業殺すにゃ刃物は要らぬ 日照りの3日もあればいい”なんて、よく言いますけど・・・
それって、日雇い殺すには…のことですよね?・・・わかりましたか?(笑)」
・・・なんて、どうでもいい話しをしていくのが基本です。

営業では“共通の話題”を探していくことで、
相手との距離を縮めることも、重要な仕事だからです。

実は、この天気の話は、世界中で、しかも業界を越えて使われています。
例えば、容疑者の取調べなどでも使われていますね。

刑 事 今日は寒いな・・・
容疑者 そうですね・・・
刑 事 お前の故郷は秋田だったよな・・・
容疑者 そうです
刑 事 秋田は、今日は雪かな
容疑者 そうですね
刑 事 両親は元気か?
容疑者 ええ・・・

                                  


どの世界でも、天気の話が相手との距離を縮めることに間違いはないようです。
この後の展開は、「営業魔法の言葉」を使って話を本題に戻していく必要があります。
その魔法の言葉とは・・・次回をお楽しみに☆

【山本衣奈子】★



<<前ページ コラムTOP 次ページ>>






Copyright(C) 2013 E-ComWorks CO.,LTD. All Rights Reserved.