e-com works株式会社お問い合せ

E-ComWorks TOP > コラム > Vol.18









こんにちは。小川祥朋です。

お客さまがいて、協力会社の方、フリーの方、
さまざまな人とかかわることで、仕事をすることができます。

中でも大変お世話になったお客さまに限って、
転勤、異動、独立、退職したりすることがあります。
ビジネスマンである以上 避けられません。

このとき、その後の行動によって、
ビジネスマンとしても、個人としても人生が変わってくることがあります。

その一例をご紹介しましょう。
例えば、大変お世話になった方(仕事をくれる人、優秀な人、面倒見がよい人、決済できる人、など)
に対して。


■転勤のケース
転勤先にすぐに手紙、電話、メールなどを送り、切れない関係を作って、転勤した先々まで追いかけましょう。
優秀な方なので、出世して戻ってくるケースが多く、また自分のお客さまになってくれます。
または、転勤先で、お客さまを紹介してくれることもあります。

■異動のケース
以前と違う仕事をされていることが多いですが、異動先の情報が少ないので、力になれることが多いものです。
異動したらすぐに、訪問しましょう。
そして、必ず、後任者を紹介してもらうのも大切です。(いい人の後任は、いい人が多い)

■独立のケース
独立するくらいの能力がある方と信じて、すぐに観葉植物くらい持って挨拶しましょう。
または、生花や電報、せめて手紙くらいは、書きたいところです。
近い将来 思い出したように電話がくるかも知れません。
この人が、成功してから訪問しても、すでに遅いと心得ましょう。

■退職のケース
退職理由がわかりませんが、「以前の会社では、大変お世話になりました」の電話一本は入れておきたいところです。
優秀な人は、すぐに仕事が決まります。
または、スカウトされて前職と同じような仕事をしていることも多くあります。

いずれにしても、すぐに行動したほうが良いですね。
これをしないと毎回新規開拓をし続けなければいけないことになりますから。


ちなみに、私の場合。
新人の頃に上司から、「いい人は、必ず追いかけろ。必ず出世して戻ってくる」と教えられました。
この言葉を信じて行動し、20年以上になりました。今でも追いかけている人がいます。
思い起こせば7年前、失業して途方に暮れているとき、連絡がありました。
「ちょうどよいタイミングで、失業してくれた。すぐに当社にきて働きなさい」と。
スカウトしてきた方は、新人の頃にお世話になった人でした。
新人時代からの人脈の積み重ねは大切にしたいですね。

しかし、私のことを追いかけてくる、勇気のある営業マンがいないのは、なぜでしょう?
外部からは、ダメ営業マンに見られているに違いないですね。。。
大いに反省する必要があります。

これからも、さらなる修行の日々が、続く・・・・

                                  小川 祥朋



人の縁とは、人を通じてつながっていくもの。
良い人との出会いは、追いかけてでもつなげていきたいですね☆
同時に、追いかけられる存在でもありたいものです。
とにかくまずは行動あるのみ!ですね^^

【山本衣奈子】★



<<前ページ コラムTOP 次ページ>>






Copyright(C) 2013 E-ComWorks CO.,LTD. All Rights Reserved.