e-com works株式会社お問い合せ

E-ComWorks TOP > コラム > Vol.11









こんにちは。小川祥朋です。

Vol.8の回で、お客さまとの商談に入る前は、「世間話からはじめるとよい」として、
【裏木戸に立ちかけし衣食住】をご紹介しました。
世間話はお客さまの緊張をとり、相手との距離を縮めるのに有効だからです。
けれども、実は話題の中で禁句と言われているものが、3つあることも覚えておきましょう。

その3つとは…
「政治」
「宗教」 
「プロ野球」

これらはNG話題で、営業とお客さま相互にどうしても譲れない一線でもあります。
特に、初めてのお客さまには、絶対に話題にしてはいけません。

【政治】
:お客さまが、どの政党を応援しているか分かりません。
 むやみに話題にするのは絶対に避けた方がいいでしょう。

【宗教】
:あえて解説はしませんが、やはり避けた方がいい話題です。
 ですが、お客さまの方からこの話を切り出されることもあるかもしれません。
 そういう場合は、あえて聞き流すようにすることが懸命です。

【プロ野球】
:サッカーの話題も同様と言えます。
 応援しているチームが分からないのならば、話題にするのはやめましょう。ただし、お客さまの好き
 なチームと自分が応援しているチームが同じであることを知っていたら(分かったら)、毎回話題に
 してもいいかもしれません。


さてこれは、大阪でタクシーに乗ったという知人に聞いた話。

知人「昨日の巨人・阪神戦は、巨人は勝ちましたか?」
運転手さん「そうみたいですねぇ…」
知人「それは、よかった」
運転手さん「えっ、お客さん巨人ファン?」
知人「家族・親戚も含めて、大の巨人ファンですけど」
運転手さん「金は要らんから降りてくれへんか」    と、言われたそうです。

勇気のある人は、是非チャレンジしてみてください。
反対に阪神ファンだったら無料だったりして!
世の中そんなに甘くないですが、大阪ならもしかしてありえる…かも…?

                                  


話題のタブー、気をつけたいですね。
確かに、【思想】や【価値観】に大きく触れるものは、あらぬ誤解を招くこともありそうです。
よっぽど親しくなってからならともかく、初対面ではあまり危険な道を通らない方がいいですね〜

【山本衣奈子】★



<<前ページ コラムTOP 次ページ>>






Copyright(C) 2013 E-ComWorks CO.,LTD. All Rights Reserved.